AHLE

活動成果Outcomes of activities

アジア健康長寿イノベーション賞の優秀事例に選出

当協会の取組み「高齢者の自立を促すフレイル対策プログラムの実装モデルの開発」が、アジア健康長寿イノベーション賞に選ばれました。
http://www.jcie.or.jp/japan/2020/07/27/post-5908/ ← リンクはこちら

ご推薦いただきました独立行政法人東京都健康長寿医療センターの副院長 原田和昌先生、当プログラムの共同研究・開発者の同センターの循環器内科/高齢者健康増進センター医師 杉江正光先生には心より感謝申し上げます。
当協会では、これからも保険外サービスとして、「高齢者の健康寿命を延ばす」=「介護に至らず、自立した生活を送る」ためのプログラムを多くの方に提供するべく活動して参ります。

ご推薦いただいた原田和昌先生に代表理事がご挨拶に伺いました。

活動内容Activities

業務委託事業

東京都健康長寿医療センター 高齢者健康増進センター の運営受託

東京都健康長寿医療センター高齢者健康増進センターでは、「運動プログラム」、「遠赤外線低温サウナプログラム」、「評価プログラム」という3つのプログラムの運営を受託しております。
本運営は東京都健康長寿医療センターと連携し、心肺運動負荷試験に基づいたプログラムの選定や運動処方に基づき、お一人お一人に適したプログラムを提供しております。

南牧村での「健康フレイルいきいき健診」事業

群馬県南牧村では、75歳以上の要介護認定を受けていない高齢者を対象に、身体機能や認知機能など、フレイルを包括的に評価する「健康フレイルいきいき健診」を行いました。対象577名中267名が本事業に参加しました。
また、2/25(月)に「健康フレイルいきいき健診」の結果を参加者へ配布し、結果の見方の説明を行いました。さらには東京都健康長寿医療センター 杉江正光先生から、今後の個々の取り組みに役立てて頂けるよう『フレイルとその予防・対策』に関してご講演を頂きました。

「健康フレイルいきいき健診」の風景
千代田区「フレイル予防講座」事業

東京都千代田区では、60歳以上の区民を対象に、自らがフレイルの概念を学び、心身状態を把握して適切に対応できるようにすることで、地域において自立した生活を送れるよう促すために「フレイル予防講座」を開催し、運営を当協会が受託して行いました。

運動指導派遣

私たちの研究成果を基に作成された運動プログラムを提供しております。
・双葉高砂会での運動指導
・さくら会での運動指導

双葉高砂会での運動指導風景
さくら会での運動指導風景

その他の事業

・健康寿命延伸産業に関連する広報・普及活動
・健康寿命延伸事業の直営及び業務請負(委託などを含む)
・健康寿命延伸効果に関する測定代行業務
・健康寿命延伸に関連する商品開発や仕入れおよび販売
・健康寿命延伸に関連した教育講座の運営や講演及び執筆